商品のこと

小鮒農園は、定番野菜をはじめ西洋野菜やハーブを農薬化学肥料を使わずに栽培し、” 美味しい時期に ”、” 新鮮な状態で ”お客さまへ直接お届けすることを目的としています。

年間50種類以上栽培される野菜の中から、その日の畑で最も良い状態のもので作られる野菜セットや、野菜を活かした加工品、里山の地域ならではの商品、同じ思いを持った仲間たちと作るモノやコト、を少しずつですが自然のリズムに合わせてゆっくりと丁寧に展開していきたいと思っています。

>>今週の野菜セットは?  >>野菜セットの購入はこちら


野菜のこと

 

小鮒農園は、「里山の地域資源を活かし循環する農業」を目指しています。

例えば、近隣の畜産業者から出る廃棄物を堆肥化し畑に還元する、町内の精米機から米ぬかを集め、微生物の力で発酵させて肥料をつくる。  また、山を荒らす竹を粉砕してチップにし米ぬかと合わせて堆肥化させ畑に還元する。など、この地域ならではの持続可能な農業を目指していきたいと思っています。2016年現在の使用資材をまとめました、以下のとおりです。

◯農薬・・・・・・・・不使用

◯化学肥料・・・・・・不使用

◯堆肥、肥料・・・・・豚糞、米ぬか、緑肥


放射能ポリシー

 

小鮒農園では、月に一度、野菜セットの放射能測定を行います。

放射能はどの程度、どの位など、危険性がまだはっきりと分からない事が多い問題だと思っています。だからこそなるべく身体に入れない方が良いというのが僕たちの考えです。そのため月に一度、野菜セットの放射能測定を行い、測定結果を公開します。置かれている状況や環境は一人一人違います、自身が自分事として確認し、判断していただきたいと思っています。

>>放射能測定結果はこちら